So-net無料ブログ作成

トラットリーア・サント・ベヴィトーレ [Ristorante FI]


トラットリーア・サント・ベヴィトーレ Trattoria Il Santo Bevitore

Via di santo spirito 64/66r Firenze tel 055-211264



Trattoria Il Santo Bevitore





地元の人々に大変愛されている、ワインの豊富なトラットリーアSanto Bevitoreをご紹介します。お料理、ドルチ共に洗練されていて美味しく、お値段はかなり良心的ですから、夕飯時(8時頃)には満杯、予約が必要です。

フィレンツェ駅を背にしてカッライア橋でアルノ河を渡り、サント・スピリト通りを左に入ってすぐ、観光客も少ない落ち着いた界隈にあります。

ランチも気軽に取れるので、お勧めです。

 去年の秋に訪れた時のメニューをご紹介します。

 私の注文した前菜は「旬の3種のソットオーリオ」、カルチョーフィ(アーティチューク)、茄子、きのこのオイル漬けです。







 程よい酸味と塩気で、上質のE.V.オリーブオイルに漬け込まれた逸品でした。

 あまり美味しかったのでソットオーリオの作り方の載っている料理本とカルチョーフィを買い込み早速作ってみた程です。




 そしてプリモ(第一の皿)は、この季節だけのイタリアの贈り物、白いタルトゥーホ(トリュフ)のタリアテッレ、バター風味です。これも文句無しの美味しさでした。







 セコンド(第ニの皿)は子牛肉のグリル、燒野菜添え赤ワインソース。ローズマリーがあしらわれて、とても素敵なお皿です。

 イタリアンパセリのみじん切りが入ったオリーブオイルソースとワインソースをお肉に絡めればハーモニーは完ぺきでした。







 ドルチェ(デザート)は「カスタニャッチョcastagnaccio」。栗の粉を使ってクレープのように焼いた伝統的な素朴なデザートを注文したつもりだったのですが、嬉しい誤算!

 ソフィスケートされたカスタニャッチョにびっくり。リコッタチーズと蜂蜜と松の実たっぷりで夢のように美味しかったです。







海外生活ブログ イタリア情報




グルメブログ イタリア料理(グルメ)


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 8

cuvee-juliez

こんばんは。
本当に、美味しそうで、目の毒です・・・。(笑)

今回の拙ブログネタを、輸送の話にしています。
復刻版 ワインの酸化防止剤の内容からインスパイアされたものなのですが、
大変刺激を受けました。と共に、ちゃんとした情報の必要性を感じた次第です。
また、酸化防止剤についても機会があれば触れて行きたいと思っています。
by cuvee-juliez (2006-02-21 04:11) 

plot

clos-du-meixさん、早速blogお邪魔してきました。
ワインの「都市伝説」を明快な切れ味でバッサリ、爽快です。
続編も期待しています。

clos-du-meixさんのコメントをみて、
この日のワインを書き忘れたことに気がつきました。
記憶が正しければ
Terre dei Bocci 2002 Montecucco Sangiovese DOC
花の香りとしっかりしたタンニンの、南トスカーナらしい美味しいワインでした。

それから訂正です。
ドルチェの名前を「カスタネッチョ」と書いてしまいましたが正しくはカスタニャッチョcastagnaccioでした。
by plot (2006-02-21 08:18) 

tiddy

はじめまして、clos-du-meix様のBlog経由でお邪魔しました。

白トリュフのタリアテッレとカスタニャッチョ物凄く美味しそうですね。
甘い物好きなので、特にカスタニャッチョが・・・
貴腐ワインと一緒に頂きたい・・・
by tiddy (2006-02-21 10:29) 

plot

tiddyさん、はじめまして。niceもありがとう!
ワインと甘いもの好きならお仲間です。
カスタニャッチョ、本来の素朴な方もとても美味しいですよ。いつもどこでも食べられるというものではないので(粉から自分で焼けば別ですが)見つけた時は格別です。
サント・スピリト広場で骨董市が開かれる第2日曜におじさんの屋台が出ます。
毎回必ずというわけでもないので心もとないのですが機会があったら是非!
by plot (2006-02-21 21:34) 

yk2

カスタニャッチョって、ちょっと言いにくいですね(^^。
イタリアのデザートって、見た目は派手じゃないけど本当に美味しいんですよねぇ。「夢のように美味しかった」なんて書かれているのを読んじゃうと、ついヨダレが・・・(笑)。

ここに行こうかな~!
by yk2 (2006-02-22 00:46) 

plot

yk2さん、このお店ももちろんおすすめです。
ついでに周辺の<info>
サント・スピリト教会は、ブルネッレスキの晩年の傑作建築で簡潔なたたずまいが魅力的です。
入って左側列柱中ほどの堂内にミケランジェロの繊細な木彫の磔刑図。数年前にフィレンツェの骨董品店で発見された初期の傑作です。
サントスピリト広場には夜、おしゃれな若者たちで賑わうCafe CABIRIA
Piazza Santo Spirito 4/r tel.055-215732 パニーニも美味しいです。
近くのサンタ・マリア・デル・カルミネ教会(ブランカッチ礼拝堂=マザッチョなど)、サンタ・フェリチタ教会(ポントルモ)も美術ファン必見。どちらも開館時間に注意です。
by plot (2006-02-22 01:36) 

ゆうゆうきき

 おいしそう~♪(^^)
でもこれ、一人分ですか?!
お腹いっぱいで動けなくなりそう・・・・。
by ゆうゆうきき (2006-02-22 14:08) 

plot

ゆうゆうききさん、コメントとnice!ありがとう。
ぼんやりしていて、ご質問の答え書くの忘れてました。ごめんなさい。
全部一人前です。
二人で行ったのですが一人はアンティパストとセコンド、
もう一つはプリモとセコンド、
食後に各自ドルチェとカフェ・マッキャートというオーダーでした。
つまり二人で、この3皿+セコンド1皿+ドルチェ1皿+カフェ2カップ+ワイン1本+水1ℓ。
たしかに、お腹いっぱいでしたし、しばらく動けなかったかも。
でも最近は「これでもか」的大盛りのお皿は少なくなったようです。
このお店の場合も程よい盛りつけなので意外に食べられちゃう感じです。
by plot (2006-02-28 01:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0