So-net無料ブログ作成

ヴェネツィアのおすすめのお店、一挙公開! [Ristorante VE]


今回出会ったヴェネツィアの地元でも人気のパン屋さん、お菓子屋さん、オステリア、カフェ、手作りの仮面屋さんをご紹介します。






 「オステリア・アル・マスカロン」のアンティパストミスト

 




イチオシは良心的な料金で気さくなオステリア「オステリア・アル・マスカロン」。

市場に水揚げされた新鮮な魚介で料理が決まるので、毎日メニューが変ります。

スコーリエ(scoglie:ミックス魚介)のパスタは2人前から注文出来て30ユーロ/2人前、イカ墨のパスタは28ユーロ/2人前とヴェネツィアという土地柄では信じられないくらい良心的です。






                  スコーリエのパスタ






                  イカ墨のパスタ




オシャレというよりは家庭的で素朴な料理、量もたっぷり。

デザートはすべて手作りですから、是非召し上がってください。




私はカーニバルの期間だけのお楽しみの伝統菓子、フリッテッレ・ヴェネツィアーネを頂きましたが、大きいのが2つとデザートワインのモスカートが1杯添えられていて5ユーロとこちらもお安い。




カラメルソースと砕いてローストしたアーモンドがたっぷり乗っているお店オリジナルのパンナコッタ、ブラーノ島製ビスコッティ(エッセ)が添えられています。




そしてザバイオーネクリームがたっぷり添えられた、洋梨のタルトも見逃せません。







          オーナーです。左奥は仮装したままの常連さん。




次は、地元の人に愛されているお菓子屋さん「パスティッチェリーア・トノーロ」。

フリッテッレの味は忘れられない美味しさです。ザバイオーネクリーム入りも美味しいのでお勧めです※。





※フリッテッレ・ヴェネツィアーネ;ドーナツとシュークリームの中間のような生地にジューシーな干しぶどうが練り込まれた揚げ菓子。

基本のプレーンな「ヴェネツィアーネ」の他、ザバイオーネクリーム入りなどのバリエーションも豊富です。




フリッテッレはカーニバル期間、街中で売られていますが味はまちまち。




3つ目は地元で人気の美味しいパン屋さん

「パニフィーチョ・ファヴェロ・クラウディオ」

そこで見つけたビスコッティ・ヴェネツィアーノ。
ヴェネツィア、ブラーノ島の伝統菓子で、ポレンタ(トウモロコシ粉)を練り込んでいるので黄色いのが特徴。




形も面白く、薄焼きのバイコリ(baicoli)、エス形のエッセ(esse)、羅針盤と言う名のドーナツ形のブッソーラ(bussola)、変形ひし形のザレッティ(zaletti)などがあります。
甘さも控えめで、素朴な味がくせになります。お土産にも最適。




【住所など】


良心的な価格で気さくなオステリア

オステリア・アル・マスカロン

Osteria Al Mascaron

C.santa maria formosa 5225 Venezia tel 0415225995

日曜 定休



オステリア・アル・マスカロン





地元で人気の美味しいケーキが買える店

パスティッチェリーア・トノーロ

PASTICCERIA TONOLO

C.san pantalon /Dorsoduro 3764/5 Venezia tel 0415237209

月曜 定休



パスティッチェリーア・トノーロ





美味しいパン屋さん

パニフィーチョ・ファヴェロ・クラウディオ

PANIFICIO FAVERO CLAUDIO

S.croce 1911 Venezia tel 041721360




その他のお店。




座っても値段が変らない安心なカフェ

カフェ・ノワール・ヴェネツィア

Cafè Noir Venezia

DD3805 Venezia tel 041710925




手作りの仮面が買える店

ラ・ボッテガ・ディ・コロンビーナ


IMGP6474.jpg


La Bottega di Colombina

Campiello S. rocco 3130 San polo Venezia tel 0415237440



La Bottega di Colombina





おまけその1


11621030.jpg


ヴェネツィアの猫君たちはとっても幸せです。
自動車もバイクも自転車も走っていませんから。
許可されているのは乳母車と荷物搬入の手押し車、旅行者のスーツケースの車輪だけ。


おまけその2



第58回サンレモ音楽祭、ただいま開催中です。
これは69年のサンレモ。懐かしのジリオラ・チンクエッティ。
Sanremo 69 Gigliola Cinquetti


【メイコからのお知らせ】




カゴメweb

“KAGOMEトマトキッチンスタジオ”「トマトな季節」

更新しています。

メイコイワモトのトスカーナ家庭料理 冬編

ご紹介中。






「トスカーナからミルクの贈りもの」

メイコ イワモト著 集英社刊 定価:1,680円(税込)

 好評発売中!




洋一出品の展覧会のお知らせ

まだ少し先ですが…

DMで最終4月6日(土)となっていますが正しくは4月6日(日)です。


11670092.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 10

julliez

わー、ザンネン。
今回は完全に入れ違いになりそうで・・(シクシク)
by julliez (2008-02-28 06:30) 

Inatimy

テーブルの上の眼鏡・・・仮装用でしょうか・・・。
先日イタリアの放送局でサンレモ音楽祭ちらっと見ました♪
SONOHRA の L'amore だったかな。
若い男の子ふたり組♪
by Inatimy (2008-02-28 07:10) 

neko

雰囲気がいいお店。
行く機会はないと思いますが、メモはしておきます。
猫ちゃんが凄い場所に・・・
by neko (2008-02-28 07:39) 

bussy-la-pesle-otsu

ヨーロッパはアチコチ、村にいたるまで、カーニバルの季節ですね。まるで時期が少しずつずれながらの「祭」は、日本の酉の市みたいなもんかなあ、と思ったりもして。でも、ベネチアやウィーンは別格。田舎のカーニバルだと「おくんち」みたいとか……いろいろ「モノマネ」があるけど。ベネチアにはない? ハハハ。
by bussy-la-pesle-otsu (2008-02-28 08:23) 

うさこ

オーナー夫婦が素敵ですね!お店もお料理も素敵。
仮装の人が違和感なく馴染んでいるのが可笑しかったです。
ネコががかわいいです~~♡ 
by うさこ (2008-02-28 11:28) 

yk2

前回のハリーズ・バーは本当にいいお値段でしたが、今回のここはリーズナブルですね、「ヴェネツィアにしては!」(笑)。パスタ2人前30ユーロって、他地域在住のイタリア人客は食べるのかな?、って気もしますが(^^;。

それはそうと、この見開いたどんぐりまなこのネコくんは、メイコさんのスタジオの壁に描かれたネコくん(当然に洋一画伯作)とおんなじ顔してませんか~?。頂いたポスト・カードと見比べて笑ってます(^^。
by yk2 (2008-02-28 23:14) 

てんとうむし

カーニバルの期間だけのお菓子というのもあるんですね。
食べてみた~い♡
仮面のお店は一年中こんなに仮面が揃っているのでしょうか。
いろいろ被って試してみたくなりそうですね。
by てんとうむし (2008-02-29 21:56) 

himika

クァルティーノって、マンドリンの小さいののことですよね。
私はクァルティーノは弾いたことがありませんが、
マンドリンは学生の頃少しだけやったことがあります。
同じ音の弦が2本ずつあり、ピックで細かく弾くトレモロ奏法が
郷愁を誘う愛らしい音色です。
by himika (2008-03-03 12:41) 

ツカ

あぁ、どれもこれも美味しそうだ~♪
やっぱイタリアはいいな~♪

あ、展覧会やるのですね!
予定が合えば観に行きますね!^^
by ツカ (2008-03-10 01:47) 

りゅう

新鮮な魚介を用いたパスタとても美味しそうですね~(^¬^)
お菓子も魅力的です♪
期間限定や数量限定といった、
『限定』という言葉にめっぽう弱いんですよね~ヾ( ̄ー ̄)ゞ
by りゅう (2008-03-10 22:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る